人を知る障がい福祉系

サービス管理責任者―ひだまり

2013年入社

株式会社 ワークステージつばさ

村山 史江Fumie Murayama

一人ひとりの利用者様に合ったご支援をして、
もっと喜んでもらえるサービスをご提供したい。

現在のお仕事を教えてください

現在のお仕事を教えてください

「ひだまり」は障がいを持った方の就労支援をおこなっています。利用者様の日中の活動を支援するのはもちろん、サービス管理責任者として書類作成や他の関係施設との連絡調整業務、支援員の指導や施設長への連絡報告などを担当しています。また、見学希望の方を受け入れたり、外部からの問い合わせに対応したり、同様の施設を訪問したりなど、業務は多岐にわたります。

入社のいきさつを教えてください

学生時代や前職でも障がい児童の支援活動に携わっていたので、求人募集を見て興味を持ちました。障がいを持った方が仕事をしながら社会に貢献できる場をご提供できるということで、ぜひここで働きたいと強く感じましたね。また、面接では思い出に残っているエピソードがありまして……。「ひだまり」は千葉にあるので、本社の南九イリョーが鹿児島の会社だと知らずに面接を受けたのですが、面接官の言葉がすごく訛っていたんですよ。同時に、なんだか聞き覚えのあるイントネーションだったんです。実は父が鹿児島出身なので、一気に親しみが湧きました(笑)

入社前後では何が変わりましたか?

入社前後では何が変わりましたか?

初めは支援員として入社をしましたが、前任のサービス管理責任者が退職するタイミングでちょうど責任者の資格を持っていた私に「責任者を任せたい」と声が掛かったんです。改めて責任者として職務にあたっていると、人財育成の難しさに直面することになりました。障がい福祉の仕事に就くのが初めてという若い子も多く、どう指導したら支援員の成長につながるのか本当に悩みましたね……。施設長のやり方を参考にして、今も精進しているところです。施設長は誰かがミスをしても頭ごなしに怒るようなことはなく、何がいけなかったのか一から辿りながら諭すタイプなので、それを学びながら実践しています。それによって支援員たちも、自分で考えながら行動できるようになってきましたし、わずかながら私自身の成長も感じます。

仕事の役割・やりがいについて

仕事の役割・やりがいについて

「ひだまり」では心身ともに、さまざまな障がいを抱えた方のご支援をしています。大変なことも多いですが、その分「やっててよかった」と思う場面にたくさん出会います。たとえば利用者様が「ひだまり」を卒業して一般事業所に就労したとき、精神的な障がいを持った利用者様が安定してきたとき、利用者様が「ひだまり」を通してさまざまな作業をできるようになったときなど、挙げればキリがないほどです。

南九イリョーグループの魅力とは

本社や各拠点を含め、優しくて親身に接してくれる人が多いです。気さくで思いやりのある社長の人柄や考え方が、社員一人ひとりにもよい影響を与えているのだと思います。「“もっともっと”をめざします」という企業理念にも共感しており、社内外を問わず人に接するときには企業理念を思い出して、心がけるようにしています。

現在の目標について

一人ひとりの利用者様に合った支援やサービスをできるかぎり提供し、利用者様やご家族が「ひだまりに通所してよかった」と思っていただけるようにしていきたいです。

未来の同僚へメッセージ

「ひだまり」は創立3年目で、まだまだこれからの施設です。経験の少ない若手の支援員も多いですが、チームワークを大切にしながら何か問題が起こってもみんなで結束して乗り越えています。「ひだまり」の支援サービスがもっと充実して利用者様に喜んでもらえるよう、一緒に「ひだまり」をつくっていきましょう。

PRIVATE TIMEプライベートの過ごし方
休日は家族と食事やショッピングに出かけています。